屋上防水工事

屋上防水工事

あなたの大切な建物の屋上、大丈夫ですか?
屋上や陸屋根の防水層の破断や浮きなどは、そこから雨水が浸入する原因となります。そうなると雨漏りするばかりか建物自体の強度を低下させ、建物の寿命を縮める結果となります。
しかしながらマンションの屋上などは立ち入りが制限されている場合も多く、住民の方やオーナー様が異常に気付くのは漏水や雨漏りなどが起こってから、ということがほとんどです。ただ、漏水や雨漏りが起こったということは、既に建物そのものがダメージを受けている可能性が高いのです。定期的な調査診断で早期発見・早期修繕することが、建物の安全性や資産価値保持のために不可欠です。ベーシングでは調査診断を基に、劣化状況や下地種類に応じて最適な防水工事をご提案いたします。

もしかすると、こうなっていませんか?

ドレン(排水口)の
詰まり
防水層の破断
 
目地材の劣化 ウレタンのはがれ
 
雑草の繁茂    

防水工事 最長10年保証

クラック処理
新規防水層への悪影響を防ぎます。
目地処理
新規防水層への悪影響を防ぎます。
樹脂モルタル
下地の凹凸をなくし、新規防水層の耐久性を高めます。
新規防水層
(ウレタン塗膜・合成ゴムシート・改質アスファルト・塩ビシート etc)
雨水の浸入を防ぎ、それぞれの意匠性があります。

※下地の種類、劣化程度により下地処理・工法は異なります。調査・診断によりそれぞれに応じた下地処理・工法をご提案いたします。

施工事例

商業ビル屋上
  • 修繕ポイント:
    屋上のウレタン防水
集合住宅外階段
  • 修繕ポイント:
    階段のシート防水
集合住宅屋上
  • 施工期間:
    2週間
  • 修繕ポイント:
    改質アスファルト防水
現場調査のご依頼・お問い合わせはこちらから
このページの先頭へ
Copyright © Basing Co.,Ltd. All Rights Reserved